ほっとステイについて

「ほっとステイ」ってどんなことですか?

現代の子どもに必要な生きる力を育む!

「ほっとステイ」

「ほっとステイ®」は、小・中学生や高校生が筑北村の家庭で午前9:30~午後3:30の6時間、日帰りの農村体験をして過ごします。

ありのままの農村体験から「農業や食べ物の大切さ」、自然の中で過ごすことから「自然(環境)の大切さ」、また人と人、心と心の触れ合いから「人や生命の大切さ」を学ぶことを目指しています。

「ほっ」とする体験を

都会の喧騒や日常生活から抜け出し、雄大な自然の中、人々が支え合う暮らしが残る田舎で過ごしてみませんか。
農村での日常生活を体験することで、心が癒され、明日への活力が生まれます。

心の交流、ありのまま

田畑で作業したり、散策したり、お茶を飲んだり、料理を作ったり...農村の暮らしは、人と自然、人と人との心の交流で営まれます。
飾らない、普段着の交流に新鮮な感動を覚えます。

親しき仲にも、新発見!

仲の良いグループやご家族で「ほっとステイ®」を体験することもできます。
農村の日常生活に溶け込み、一緒に過ごすという今までにない体験から、きっとお互いに新しい発見があるでしょう。

日帰り農村体験「ほっとステイ」で学んでほしいこと

「ほっとステイ®」は「生きる力を育む」総合学習に最適な場所です。
訪問者(生徒・学生)が「テーマ」を自ら学び、自ら体験・検証し、自ら発表する場と機会を提供します。

人生の大先輩!おじいさん、おばあさんに教わろう、話そう

  • 戦争と平和、戦後の暮らし
  • 野菜栽培
  • 自然の中での遊びや観察
  • 農村で生きる楽しさ
  • 若いころの仕事、楽しみ
  • 生活の知恵、礼儀作法
  • 収穫の喜びの自慢話
  • 農作業の四季と栽培の秘訣
  • 自給自足の喜び
  • 農村・農家で大切にしているもの

自ら学び、自ら体験 見よう、調べよう

  • 日本農業の現状
  • 自分にとって農業とは?
  • 優しい自然と厳しい自然
  • 高齢化の現状とこれから
  • 環境、福祉、医療、交通、流通
  • 地域の歴史、伝統行事、集落の自治
  • 動植物の生態(鳥、魚、牛、豚、昆虫、草...)
  • 生物の環境と在来・帰化種
  • 用水・ため池の役割と歴史